セクハラ問題、男性中心社会を変えるきっかけに

太田房江・参院議員
  • 文字
  • 印刷
太田房江氏=根岸基弘撮影
太田房江氏=根岸基弘撮影

声を上げなかった私たち

 福田淳一・前財務事務次官のセクハラ疑惑には、25年間、霞が関(経済産業省)で働いた私も少々驚いた。霞が関は全く変わっていない!というのが正直な感想だ。

 私が入省したのは1975年。20世紀最後の四半世紀を霞が関で過ごしたことになる。当時、男性中心社会の中で、うまく協調し融和するよう努めながら仕事をしてきたつもりだが、思えば、我慢すべきところは我慢する、という思いが先にたったというところもあるかもしれない。

 当時、「えっ!?」と思うようなセクハラまがいのことを言われたことも正直あったが、それに対して抗議を…

この記事は有料記事です。

残り3264文字(全文3530文字)

太田房江

参院議員

 1951年生まれ。75年通産省(現・経済産業省)入省。2000年大阪府知事。13年参院初当選。厚生労働政務官、自民党女性局長などを歴任した。参院比例、当選1回。自民党細田派。