対案は追及と一体だ

津田大介・ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷

 「国民は今の政治はおかしい、安倍晋三首相もおかしいと気がついている。しかし、一方で野党も反対ばかりでは結局、同じことの繰り返しとなり、国民の期待には応えられない」という玉木氏の指摘は状況認識として一定の説得力があります。

 毎日新聞などの世論調査を見ても支持する理由は「ほかの内閣より良さそうだから」が上位になっています。何があっても支持することをやめない岩盤的支持層と野党に魅力を感じない消極支持層が現在の政権の安定を支えているということでし…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文557文字)

津田大介

ジャーナリスト

1973年生まれ。早大文学学術院教授。政治情報サイト「ポリタス」編集長。テレ朝チャンネル2「津田大介 日本にプラス」キャスター。著書に「ウェブで政治を動かす!」など。公式サイトhttp://tsuda.ru/。ツイッター(@tsuda)のフォロワーは160万人。