「外交」も「森友・加計」も対案出し追及

玉木雄一郎・国民民主党代表
  • 文字
  • 印刷
衆院予算委員会で質問する国民民主党の玉木雄一郎共同代表=国会内で2018年5月14日、川田雅浩撮影
衆院予算委員会で質問する国民民主党の玉木雄一郎共同代表=国会内で2018年5月14日、川田雅浩撮影

 津田さん、「一言」ありがとうございます。

 森友、加計問題を党首討論で取り上げなかったのは、その2週間前、5月14日のテレビ入り予算委員会で、すでに安倍晋三首相に聞いていたからです。この日は時間の大半を森友、加計問題に使って総理と1対1で厳しくやりとりしました。

 また、国民民主党が国会に提出した「公文書改ざん防止法案」についても、総理に直接提案しています。(会議録はこちら。「対案」のプレゼンは17ページ以降)。

 私は、これまで1年以上にわたり、国会で森友問題は17回、加計問題は10回、質問しています。調査とデ…

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文609文字)

玉木雄一郎

国民民主党代表

1969年生まれ。93年大蔵省入省。2009年衆院初当選。民主党政調副会長、民進党幹事長代理、希望の党代表などを歴任。衆院香川2区、当選4回。早くから民主党若手のホープとして知られた。実家は兼業農家で農政通でもある。