障がいのある子どもたちに質の高い教育を

今井絵理子・参院議員
  • 文字
  • 印刷
今井絵理子氏=竹内紀臣撮影
今井絵理子氏=竹内紀臣撮影

政治家を志した理由の一つ

 もう耳慣れた言葉だと思いますが、特別支援教育とは障がいのある子どもたちへの教育のことです。文部科学省は「障害のある幼児児童生徒の自立や社会参加に向けた主体的な取り組みを支援するという視点に立ち、幼児児童生徒一人一人の教育的ニーズを把握し、その持てる力を高め、生活や学習上の困難を改善または克服するため、適切な指導及び必要な支援を行うもの」と定義し、2007年4月からスタートした教育制度です。歌手である私がなぜ政治家を志すのかとよく聞かれるのですが、その一つを端的に答えると、特別支援教育をより良いものにしたいという思いがあります。

この記事は有料記事です。

残り3133文字(全文3412文字)

今井絵理子

参院議員

1983年生まれ。SPEEDのメンバー、NHK「みんなの手話」の司会などを経て、2016年参院初当選。自民党女性局次長。参院比例、当選1回。自民党麻生派。