障害児教育 大事な問題提起だ

江川紹子・ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷

 芸能界出身だからか、新人議員でありながら、何かと言動が注目され「炎上」もしがちな今井絵理子さんですが、自身の子育て体験から見えてきた障害児教育の現状や対応策、教育の意義について書かれた本論考は、具体的で大事な問題提起だと思います。知らなかったことを、いくつも教えられました。ぜひ皆さんも読んでみてください。

 今井さんによれば、すでに「やるべきことのいくつか」は分かっている、とのこと。では、なぜ、それが実現…

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文448文字)

江川紹子

ジャーナリスト

1958年生まれ。神奈川新聞記者を経てフリー。95年、オウム報道で菊池寛賞。著書に「オウム事件はなぜ起きたか」「名張毒ブドウ酒殺人事件」「『歴史認識』とは何か――対立の構図を超えて」(大沼保昭氏と共著)など。ツイッター@amneris84