政策なき野党結集では支持されぬ

西田亮介・東京工業大学准教授
  • 文字
  • 印刷
西田亮介さん
西田亮介さん

 岡田克也氏の発言は生活者と社会よりも、政治と統治機構に重きが置かれている。我々の生活よりも、財政再建を重要視しているように見える。プライマリーバランスの均衡と黒字化は、経済の動向を見ながら極力急ぐほかないのではないか。

 財政再建の重要性はわからなくはないが、緊縮と、とくに消費税率引き上げに伴う景気と社会への悪影響を我々は強く記憶している。景気の再低迷は過去5年の日本経済の再生と好影響を吹き飛ばしかねない。

 確かにこの間の野党の批判力は目ざましいものがある。ときに強い批判を受けながらも、粘り強く取り組んだ…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文609文字)

西田亮介

東京工業大学准教授

1983年生まれ。博士(政策・メディア)。専門は社会学、公共政策学。著書に「ネット選挙--解禁がもたらす日本社会の変容」「情報武装する政治」。ツイッター @Ryosuke_Nishida