もっと「使いこなせる」政治に 「若者離れ」共に変えたい

古井康介・株式会社POTETO Media代表取締役社長
  • 文字
  • 印刷
=POTETO提供
=POTETO提供

 どうせ若者は、政治なんてキョーミないんでしょ。

 まだ22年しか生きていない人生の中で、この言葉を何度言われたことでしょうか。どこかバカにされているような口調で、大人たちは僕らにそう語りかけます。

 「政治」に人生を救われたからこそ、「政治」に対するイメージを本気で良くしたいと思っているからこそ、永田町の住人たちや、政治に関わっている多くの人に言いたい。起こっているのは「若者の政治離れ」ではなくて、「政治の若者離れ」なんだと。キョーミが持てないような発信しかしていないあなたたちも、変わらないといけないのだと。

 そんな思いから僕は、「政治を、わかりやすく」をモットーとする学生団体「POTETO」を2016年12月に設立し、1年後に株式会社POTETO Mediaとして法人化しました。

 POTETOは「Political Telecommunication Tower(政治の電波塔)」の略で、ニュースや社会問題をイラストでわかりやすく解説して毎日配信するサービス「イチメンニュース」を運営しているほか、若者の未来を考えてくれる政治家のプロモーションや、高校での主権者教育を行っています。メディア事業、PR事業、教育事業と範囲は広いですが、「若者×政治」というテーマは一貫しています。

この記事は有料記事です。

残り1586文字(全文2130文字)

古井康介

株式会社POTETO Media代表取締役社長

1995年生まれ。慶応大経済学部4年。2016年米大統領選の取材後、政治を若者にわかりやすく伝えるメディア「POTETO」を設立。17年仏大統領選取材や、全国1万人の中高生への主権者教育、政治家の広告代理事業を通じ政治のイメージを変えるための活動に取り組む。国際女性会議2017ユーススピーカー/広報サポーター。