官僚の忖度なくす具体策 皆さんのご意見は?

菅原琢・政治学者
  • 文字
  • 印刷
菅原琢さん
菅原琢さん

 内閣人事局の「運用」を見直し、科学的な政策評価をもとに人事評価を行えば、政治主導を強化しても官僚による「忖度」はなくなるはずというのが伊藤達也議員の主張のようです。

 ただし、その具体的な手段はあまり示されていません。

 せっかくなので、官僚の行動を律するより具体的な方策を、読者のみなさんも一緒に考えてみてはいかがでしょうか。コメントお待ちしております。

菅原琢

政治学者

1976年生まれ。東京大学先端科学技術研究センター准教授など歴任。専門は政治過程論。著書に「世論の曲解」、共著「平成史【完全版】」など。戦後の衆参両院議員の国会での活動履歴や発言を一覧にしたウェブサイト「国会議員白書」https://kokkai.sugawarataku.net/を運営。