「拉致解決は利益」北朝鮮に納得させよ

平沢勝栄・元副内閣相
  • 文字
  • 印刷
平沢勝栄氏=宮本明登撮影
平沢勝栄氏=宮本明登撮影

日本から環境整備を

 日本にとって今、拉致問題は非常に難しい局面だ。拉致問題を解決しようと思ったら、まず日本がしっかりしないといけない。

 北朝鮮の論理で言えば、日本との関係が改善して経済協力などをしてくれるならば、拉致被害者を帰すと思う。しかし、帰しても日本との関係が改善しないと北朝鮮が思えば帰さない。

 日本としては、拉致被害者を帰国させれば北朝鮮にとって利益になると思わせる必要がある。北朝鮮が200…

この記事は有料記事です。

残り908文字(全文1109文字)

平沢勝栄

元副内閣相

1945年生まれ。68年警察庁入庁。官房長官秘書官などを経て、96年初当選。衆院外務委員長、党政調会長代理、党広報本部長などを歴任。衆院東京17区。当選8回。自民党二階派。