国民の生活重視への期待 野党は想起して--岡田克也さん寄稿に

西田亮介・東京工業大学准教授
  • 文字
  • 印刷

 岡田克也さんの寄稿「野党結集で政治に緊張感を取り戻せ」に関連して、たとえば竹内栄子さんや藤林正樹さんのように、かつての民主党政権を擁護するコメントや野党結集を期待するコメント、それからShirou Kureさんのように「私は小選挙区制への『改悪』以前の時代を知る世代ですので(もちろん岡田さんもですが)、現行制度が将来も当然の前提とは全く考えません」など小選挙区制に課題を見いだすコメントが書き込まれた。

 これらをどのように捉えればよいだろうか。民主党政権への政権交代が起きた2009年、そして00年代後…

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文710文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

西田亮介

東京工業大学准教授

1983年生まれ。博士(政策・メディア)。専門は社会学、公共政策学。著書に「ネット選挙--解禁がもたらす日本社会の変容」「情報武装する政治」。ツイッター @Ryosuke_Nishida