何が見えますか

北朝鮮問題とオセロ

前田浩智・編集編成担当補佐
  • 文字
  • 印刷

 「昨日の敵は今日の友」とはいかないと思いますが、安倍晋三首相が北朝鮮に対し「対話」路線へとかじを切りました。「国難」と呼んでそのミサイル発射などの悪行を批判していた北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と9月にも首脳会談を行おうと模索しているそうです。米朝の開かずの扉が開いたのだから当然とは思いつつも、心に何かが引っかかります。状況を整理し直してみて、ふとオセロゲームが頭に浮かびました。

 白と黒の2面の丸い「石」を使い、挟んだ石を自分の色に変えてその数を競う、皆さんおなじみのゲームです…

この記事は有料記事です。

残り1886文字(全文2138文字)

前田浩智

編集編成担当補佐

1960年北海道生まれ。森、小泉官邸を担当。医療、年金、介護、人口減少問題も取材テーマにする。政治部長などを経て17年4月から現職。TBS「あさチャン!」にニュースコメンテーターとして出演した。