特別支援教育 今井絵理子さんの「仕事」今後も注視しよう

江川紹子・ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷

 何らかの障害があって特別支援教育を受けている子どもが、何人くらいいるかご存じですか。

 文部科学省が発表している特別支援教育資料(2017年度)によると、48万6377人です。幼稚園・小中高校の園児・児童・生徒全体の3.2%に当たります。

 実は、特別支援教育を受けている子どもは、実数も子ども全体に占める割合も、年々増えています。2013年度の同資料では、特別支援教育を受けている子どもは38万5333人(全体の2.5%)でしたから、4年間で26%も増えたことになります。少子化が進む中で、特別支援教育を受ける子どもは逆に増えているのです。

 これが、特別支援教育の質が向上し、親御さんたちの理解や信頼が高まって、「何がなんでも普通教育に」で…

この記事は有料記事です。

残り1002文字(全文1322文字)

江川紹子

ジャーナリスト

1958年生まれ。神奈川新聞記者を経てフリー。95年、オウム報道で菊池寛賞。著書に「オウム事件はなぜ起きたか」「名張毒ブドウ酒殺人事件」「『歴史認識』とは何か――対立の構図を超えて」(大沼保昭氏と共著)など。ツイッター@amneris84