野党は審議拒否に安住していいのか 緩んだ政治を切り替えよう

片山虎之助・日本維新の会共同代表
  • 文字
  • 印刷
片山虎之助氏=須藤孝撮影
片山虎之助氏=須藤孝撮影

国民ついてこない

 野党の審議拒否は政党としてはもっとも拙劣な戦術だ。与党は政権を持っており、いろいろな支持団体もついていて、活動範囲はおのずと広くなる。

 それに対して野党の主戦場は国会だ。本会議や委員会での議論は、国民に自分の党の主義・主張を知ってもらう大きなチャンスだ。もちろん、そこで同時に政府・与党の政策を批判し、問題点を攻撃できる。これが野党の最大の仕事だ。

 それを自分から放棄するというのが私は理解できない。「抵抗」ということでは筋が通っているかもしれない…

この記事は有料記事です。

残り847文字(全文1080文字)

片山虎之助

日本維新の会共同代表

1935年生まれ。58年自治庁入庁。89年参院初当選。郵政相、自治相、総務相、自民党参院幹事長などを歴任。参院比例、当選5回。