トランプ氏には任せられない

原田義昭・前環境相
  • 文字
  • 印刷
原田義昭氏=須藤孝撮影
原田義昭氏=須藤孝撮影

北朝鮮で譲歩

 米朝首脳会談は非常に問題がある内容だった。完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)もなく、事前の予測からみても相当に抽象的な内容だった。非核化という言葉だけで、具体的なことは何も決まっていない。

 トランプ米大統領は会談を成功させようと思うあまり、かなり譲歩した。心中には中間選挙など、米国の内政対策があったのではないか。

 北朝鮮の背後には中国がいるという当然のことを、どこまでふまえて会談をしたのか。最後の相手は中国だということを、本当に分かっているのか、不安に感じざるを得ない。

この記事は有料記事です。

残り1270文字(全文1520文字)

原田義昭

前環境相

1944年生まれ。70年通産省入省。90年衆院初当選。厚生政務次官、副文部科学相、衆院外務委員長などを歴任。衆院福岡5区、当選8回。自民党麻生派。