寄稿 安全保障

本質に対する理解が実りある議論の前提

    松本剛明氏=須藤孝撮影
    松本剛明氏=須藤孝撮影

    安保とは起こり得る脅威への対処

     安全保障は国の基本であり、国民の生命財産を守る「防衛」は国が責任をもってやらなければならないことである。「防衛」とは、自国の安全を脅かしうる軍事的な「能力」に対処できるように備えることである。

     軍事的な脅威は当該国の「能力」と「意志」によって構成されるが、「意志」に拘らず「能力」が存在する限りは可能性があるので、「防衛」は必要である。

     「外交」を進めることで「防衛」に代替できるかのような意見があるが、「防衛」とは現状を直視して対応す…

    この記事は有料記事です。

    残り1538文字(全文1772文字)

    プロフィール

    松本剛明

    松本剛明

    元外相

    1959年生まれ。2000年衆院初当選。民主党政調会長、衆院議院運営委員長などを歴任。衆院兵庫11区、当選7回。自民党麻生派。