寄稿 安全保障

中国に対抗する「新分野」とは

    寺田稔氏=須藤孝撮影
    寺田稔氏=須藤孝撮影

    アジア全体で中国の軍拡を抑止

     中国が軍拡を相当なペースで進めている。しかも軍事費の公表額をとっても、人件費が入っていないとか、正面装備だけで後方兵站(へいたん)が入っていないなどと指摘されている。透明化が必要だし、中国の問題にはアジア全体で取り組まなければならない。

     東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)という安全保障の枠組みはあるが、最近はあまり機能していない。日本としてはこの場をもう少し活用したい。

     当然、予算面から言っても日本が1カ国でやることは不可能だし、専守防衛の理念も持っているので、多国間…

    この記事は有料記事です。

    残り762文字(全文1024文字)

    プロフィール

    寺田稔

    寺田稔

    衆院安全保障委員長

    1958年生まれ。80年大蔵省入省。2004年衆院初当選。防衛政務官、副内閣相、自民党副幹事長などを歴任。衆院広島5区、当選5回。自民党岸田派。