外事大事

中国が「貿易戦争」より恐れるシナリオ

坂東賢治・専門編集委員
  • 文字
  • 印刷
=和田大典撮影
=和田大典撮影

 米中貿易戦争がエスカレートする中、台湾問題が米中間の政治的な摩擦要因として浮上している。中国はトランプ米大統領が台湾を中国を揺さぶるカードとして使うのではないかと疑心暗鬼を募らせている。

 トランプ米政権が7月6日、総額340億ドル規模の中国製品に対する追加関税を発動すると、中国もただちに同額の米製品への報復関税で応じ、米中は前例のない「貿易戦争」へと突入した。

 時差を考えれば、その直後の7日午前のことだ。米海軍第7艦隊横須賀基地所属の2隻のイージス艦(ミサイ…

この記事は有料記事です。

残り1562文字(全文1794文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

坂東賢治

専門編集委員

1981年入社。政治部、外信部を経て91年に香港支局長。中国総局長(北京)、ニューヨーク支局長、北米総局長(ワシントン)を歴任し、現在は論説室専門編集委員。中国政治や米中関係などをウオッチしている。