日本を立て直す!-イシバの底力-

国民と語り合いたい「アジア版NATO」

石破茂・元地方創生担当相
  • 文字
  • 印刷
石破茂氏=藤井達也撮影
石破茂氏=藤井達也撮影

 前回のこのコラムで、わが国の安全保障について、現状の米国との同盟のみで将来もよいのだろうか、米国・オーストラリア・ニュージーランドのANZUS同盟と日米同盟を結合させ、そこに東南アジア諸国も加わるネットワーク型の同盟に発展させてはどうか、そんなのできっこないと最初から決めつけるのではなく、真摯(しんし)に説明して国民との信頼関係を築く努力が必要ではないか、ということを述べました。

 それに対して、著名なジャーナリストである田原総一朗さんから「アジア版NATO(北大西洋条約機構)を考えてみては」とのご指摘をいただき、大変ありがたく思っています。

 わが国においてはともすれば忘れがちなことですが、軍事的な裏付けのない外交は無力であり、外交の努力なき軍事は暴力に過ぎません。

この記事は有料記事です。

残り5294文字(全文5631文字)

石破茂

元地方創生担当相

1957年生まれ。三井銀行入行。86年衆院初当選。防衛相、農相、自民党政調会長、幹事長などを歴任。衆院鳥取1区、当選11回。2015年に「水月会」(石破派)を結成した。ポスト安倍の有力候補が日本を語る。