企業に「秘匿特権」導入を 国際競争に必要だ

原田義昭・元副文科相
  • 文字
  • 印刷
原田義昭氏=須藤孝撮影
原田義昭氏=須藤孝撮影

事業者側の防御権を強化

 公正取引委員会の独占禁止法研究会が2017年4月に課徴金制度を改革して、独禁法違反行為に対して、事業者の調査への協力程度などを勘案して課徴金額を決定する制度を導入する報告書をまとめた。

 法改正に向けた議論のなかで、同時に事業者側の防御権を強化する「秘匿特権」の導入を求める意見が出てきた。

 「秘匿特権」というのは、公取委の調査事案について、調査を受けた事業者側が弁護士と相談した際の内容の…

この記事は有料記事です。

残り1025文字(全文1232文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

原田義昭

元副文科相

1944年生まれ。70年通産省入省。90年衆院初当選。厚生政務次官、衆院外務委員長などを歴任。衆院福岡5区、当選8回。自民党麻生派。