野党は「追及の罠」に落ちるな 国会対応は副大臣で

泉健太・国民民主党国対委員長
  • 文字
  • 印刷
泉健太氏=須藤孝撮影
泉健太氏=須藤孝撮影

 今年の通常国会も森友学園、加計学園問題にかなり時間が割かれた。

 野党にしてみれば、国会でスキャンダルを扱えば、確かに政権にダメージを与えられる。しかし実は、野党もダメージを受けている。

追及は与党を利する

 私は「追及の罠(わな)」という言い方をしているが、野党の国対委員長になって、そこに気をつけようと思ってやってきた。

 スキャンダルの追及に終始することで、外交・安全保障、社会保障、財政などについて政府を批判する議論が…

この記事は有料記事です。

残り1875文字(全文2086文字)

泉健太

国民民主党国対委員長

1974年生まれ。2003年衆院初当選。内閣府政務官、希望の党国対委員長などを歴任。衆院京都3区、当選7回。