逢坂誠二の「耕雲種月」

水無田気流さんに返信 国会に「多様な観点」どうつくるか

逢坂誠二・衆院議員
  • 文字
  • 印刷
逢坂誠二氏=国会内で2018年2月、川田雅浩撮影
逢坂誠二氏=国会内で2018年2月、川田雅浩撮影

 水無田気流さん、拙稿「国会改革、丁寧な議論の保障を」へのご意見をありがとうございます。討議型世論調査に近いことは自治の現場では多用されていると感じます。国政レベルでは、民主党政権下で原発問題を考える際に実施されましたが、それほど例が多くないようです。

 国会議論が多様な観点で行われること。それを国…

この記事は有料記事です。

残り181文字(全文331文字)

逢坂誠二

衆院議員

1959年生まれ。北海道ニセコ町長を経て、2005年衆院初当選。総務政務官、首相補佐官、立憲民主党政調会長などを歴任。衆院北海道8区、当選4回。立憲民主党。ニセコ町長時代に全国初の自治基本条例となった「ニセコ町まちづくり基本条例」を制定。地方自治のエキスパートとして知られる。