消費増税 インフレ誘導に利用を

小川淳也・元総務政務官
  • 文字
  • 印刷
小川淳也氏=長谷川直亮撮影
小川淳也氏=長谷川直亮撮影

異常な緩和策でも物価上がらず

 いよいよ申し上げた価格政策、経済政策、社会政策、財政政策の具体策について、正に四位一体で議論していきます。

 まず最初の価格政策についてです。これまで人口が増大し経済が成長する局面では、物価には上昇圧力がかかっていました。つまり需要増大によるインフレ圧力が常にあったわけです。

 一方、人口減少、総需要の縮小の時代にあっても、生産力は国際化や技術の進展等でなかなか落ちません。結…

この記事は有料記事です。

残り3486文字(全文3689文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

小川淳也

元総務政務官

1971年生まれ。94年自治省入省。2005年衆院初当選。民進党で役員室長などを務めた。立憲民主党幹事長特別補佐。衆院比例四国、当選5回。