ふらっと東アジア

北朝鮮の「金もうけ熱」と非核化

米村耕一・外信部副部長
  • 文字
  • 印刷
中朝国境を流れる鴨緑江で密輸を取り締まる中国側の警察船
中朝国境を流れる鴨緑江で密輸を取り締まる中国側の警察船

 トランプ米大統領は、ポンペオ国務長官がいったんは発表した4回目の訪朝計画の取り消しを指示した。米中間の貿易問題を優先するとも強調しており、北朝鮮の「非核化」問題は長期戦の様相を見せている。一方、北朝鮮国内や中朝国境に目を向けると、北朝鮮の人々の間には「金もうけ熱」が一層高まっている。経済重視路線の金正恩(キム・ジョンウン)政権としても、米国との決裂は望まず、長期戦の構えで、自国に有利かつ安定した国際環境作りを模索する可能性が高い。

この記事は有料記事です。

残り2371文字(全文2590文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

米村耕一

外信部副部長

1998年入社。政治部、中国総局(北京)、ソウル支局などを経て2018年から外信部副部長。著書は「北朝鮮・絶対秘密文書 体制を脅かす『悪党』たち」。