寄稿 米軍基地問題

保革を超えて沖縄のアイデンティティーを守る

    糸数慶子氏=小川昌宏撮影
    糸数慶子氏=小川昌宏撮影

     亡くなられた翁長雄志沖縄県知事は、自民党県連幹事長で、自民党の政策を沖縄で中心になってずっと推進してきた。それがなぜ変わったか。

     その原点は沖縄の集団自決をめぐる教科書問題だった。自分の父親が今までやってきたこと、沖縄県民が辛苦をなめた沖縄戦の歴史の事実をねじ曲げることはこれは絶対に許せないという思いがきっかけだった。

     保革を超えて歴史をきちんと伝えていくことだけはしっかりやらなければならないということが、翁長さんが…

    この記事は有料記事です。

    残り1760文字(全文1971文字)

    プロフィール

    糸数慶子

    糸数慶子

    参院議員

    1947年生まれ。平和バスガイド、沖縄県議などを経て、2004年参院初当選。参院沖縄。当選3回。無所属。