外国人労働者受け入れ 得をするのは誰か

菅原琢・政治学者
  • 文字
  • 印刷

 欧米各国で移民政策が政治争点になっていると「一言」の冒頭で述べましたが、特にこれが明確になるのは各種選挙において移民排斥を訴える政党が躍進したというニュースでしょう。この種の政党の躍進は、移民政策を推進した既存政党が有権者の理解を得られなかった、有権者の意向をくめなかったことを意味します。

 それでは日本はどうでしょうか、というのが今回の議論のテーマとなります。宮本正さんが「全体をよく俯瞰(ふかん)」していると評した大塚耕平議員の寄稿から考えてみたいと思います。

この記事は有料記事です。

残り2884文字(全文3118文字)

菅原琢

政治学者

1976年生まれ。東京大学先端科学技術研究センター准教授など歴任。専門は政治過程論。著書に「世論の曲解」、共著「平成史【完全版】」など。戦後の衆参両院議員の国会での活動履歴や発言を一覧にしたウェブサイト「国会議員白書」https://kokkai.sugawarataku.net/を運営。