出口なき覇権争い 米の目的は中国経済の弱体化だ

中西健治・参院議員
  • 文字
  • 印刷
中西健治氏=根岸基弘撮影
中西健治氏=根岸基弘撮影

 「米中貿易戦争」という言葉がよく使われるが、貿易戦争というよりも覇権争いが根底にある。覇権争いが貿易という分野に出てきている、と理解したほうがいい。

 貿易戦争ならば、具体的な数値目標を提示し、改善されれば制裁を中止するはずだ。ところが米国は具体的な要求をしない。中国からすれば何を改善すればよいのかわからない状況で、関税があがる、対象品目は増える。ゴールが見えない。

この記事は有料記事です。

残り1293文字(全文1477文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

中西健治

参院議員

1964年生まれ。JPモルガン証券副社長などを経て、2010年参院初当選。自民党法務部会長を務める。参院神奈川、当選2回。自民党麻生派。