野党は弱すぎ!求む対抗の統一候補

山本一太・元沖縄・北方担当相
  • 文字
  • 印刷
山本一太氏=須藤孝撮影
山本一太氏=須藤孝撮影

 いつも言っているように、政治家・山本一太は、過去23年間、自民党議員としての「筋」を貫いてきた。

自民党議員としての筋を貫いた23年間

 自民党がどんな逆風にさらされている時も、党を離れなかった。終始、自民党参議院議員として踏ん張ってきた。大まかに言うと、あの2008年の政権交代選挙の前までは、(小泉政権の時代を除き)自民党長期政権は常に批判の的だった。

 たとえば、内閣支持率が6%まで落ち込んだ森喜朗内閣では、地元で国政報告会を開く度に激しく叱られた。…

この記事は有料記事です。

残り2300文字(全文2528文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

山本一太

元沖縄・北方担当相

1958年生まれ。95年参院初当選。外務政務次官、参院外交防衛委員長、副外相、参院予算委員長などを歴任。参院群馬、当選4回。自民党。