何が見えますか

総裁選、戦いすんで日は暮れず 「安倍1強」に変調あり

前田浩智・編集編成担当補佐
  • 文字
  • 印刷
自民党大会に代わる両院議員総会の最後に、バンザイをする総裁に選出された安倍晋三首相(奥中央)ら=東京都千代田区の自民党本部で2018年9月20日、川田雅浩撮影
自民党大会に代わる両院議員総会の最後に、バンザイをする総裁に選出された安倍晋三首相(奥中央)ら=東京都千代田区の自民党本部で2018年9月20日、川田雅浩撮影

 勝敗が決しても、それで終わりとならないのが自民党総裁選です。得票結果だけでなく、途中の戦いぶり、派閥の支持状況、論戦で何を訴えたか――などが近未来の政治ドラマを決める基になります。

 今回の総裁選の最中、安倍晋三首相を支援する陣営の複数の国会議員から、こんなぼやきを耳にしました。

 「地元の県議や市町村議に対し『安倍首相を頼む』とお願いするために会合を開いても、全部持ち出し、自腹だ」

 「下村(博文元文部科学相)、西村(康稔官房副長官)、萩生田(光一幹事長代行)がそれぞれ勝手に指示してくる。首相に手柄をアピールしたいからだ。どうせ、評価されるのはあの3人だ」

この記事は有料記事です。

残り1640文字(全文1921文字)

前田浩智

編集編成担当補佐

1960年北海道生まれ。森、小泉官邸を担当。医療、年金、介護、人口減少問題も取材テーマにする。政治部長などを経て17年4月から現職。TBS「あさチャン!」にニュースコメンテーターとして出演した。