野田毅「背私向公」

米中貿易戦争 エスカレート望まぬ中国

野田毅・自民党税制調査会最高顧問
  • 文字
  • 印刷
野田毅氏=渡部直樹撮影
野田毅氏=渡部直樹撮影

 今年8月、北京で王岐山国家副主席と会談した。副主席に就任後、王氏が日本の政治家と公式に会談したのは初めてだった。

 王氏は習近平国家主席の盟友とされる。北京市長として北京五輪の準備を担当するなど、さまざまな経歴があるが、私が注目しているのは、中国人民銀行の副行長(副総裁)や、中国人民建設銀行(現中国建設銀行)の行長(総裁)を務めるなど経済、金融に非常に詳しい点だ。

 経済担当の副首相としてリーマン・ショック後の混乱を乗り切り、米金融界にも人脈がある。今回、副主席と…

この記事は有料記事です。

残り1555文字(全文1789文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

野田毅

自民党税制調査会最高顧問

1941年生まれ。64年に旧大蔵省入省。72年衆院初当選。建設相、経済企画庁長官、自治相、自民党税調会長などを歴任。衆院熊本2区、当選16回。税制に造詣の深い重鎮。日中友好に尽力し、日中協会会長も務める。自民党石原派。