中国の「デジタル覇権主義」を警戒せよ

武見敬三・自民党参院政審会長
  • 文字
  • 印刷
武見敬三氏=佐々木順一撮影
武見敬三氏=佐々木順一撮影

 今回の米中貿易戦争では米国がこれまで基本にしてきた自由貿易の原則をかなぐりすてて一方的な関税措置を連発している。

 それは米国内にイノベーション(技術革新)も含めた情報産業の分野で中国に追い上げられているという強い危機感があるためだ。

 トランプ米大統領が最大の代弁者だが、貿易問題では強い主張をする傾向がある議会も加わって、共鳴する形でエスカレートしている。

 共和党の保守派は自由貿易のなかで米国が発展するという信念を持っていた。その部分まで影響を受けており…

この記事は有料記事です。

残り1361文字(全文1591文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

武見敬三

自民党参院政審会長

 1951年生まれ。テレビキャスターなどを経て、95年参院初当選。外務政務次官、副厚生労働相などを歴任。参院東京、当選4回。自民党麻生派。