記者コラム 自衛隊のリアル フォロー

「真実のゴジラ」が問う憲法改正

滝野隆浩・社会部専門編集委員
映画「シン・ゴジラ」の1シーン(C)2016 TOHO CO.,LTD.
映画「シン・ゴジラ」の1シーン(C)2016 TOHO CO.,LTD.

 東大法科大学院に映画研究会(映研)という学生の集まりがあって、毎年1回、9月に一般公開で映画を見た後にトークセッションをする「本郷映画祭」が開かれている。ふつうなら私には関係ないイベントなのだろうが、第4回の今年、そこに登壇してほしいという依頼が主催者の学生からあった。見る映画が「シン・ゴジラ」だという。私が防衛大卒の記者だからなのだろう。それでなんとなく引き受けてみたのだが、9月22日に東大の正門を入ったすぐのガラス棟の教室で開催された「第4回本郷映画祭 シン・ゴジラと安全保障」は、なかなか中身の濃いイベントだった。

 法哲学者の井上達夫・東大大学院教授が映研の顧問をしていた。このところ憲法9条問題について発言してきた井上先生とは、毎日新聞労組が2016年1月に主催したシンポジウム「自衛隊って『戦場』に行くの? 問われる国民合意と報道」でご一緒した関係である。井上先生と世界の紛争地の武装解除を数多く経験した東京外国語大大学院教授の伊勢崎賢治先生、さらに陸・海の自衛隊将官OBも登壇して議論する、リベラルな毎日労組…

この記事は有料記事です。

残り3347文字(全文3811文字)

社会部専門編集委員

1983年入社。甲府支局、社会部、サンデー毎日編集部、夕刊編集部副部長、前橋支局長などを経て、社会部専門編集委員。現在、コラム「掃苔記」を連載中。人生最終盤の緩和医療・ケア、ホスピスから死後の葬儀、墓問題までを「死周期」として取材している。さらに家族問題のほか、防衛大学校卒の記者として自衛隊をテーマにした著書も多数。著書に「宮崎勤精神鑑定書」「自衛隊指揮官」「沈黙の自衛隊」「自衛隊のリアル」「これからの葬儀の話をしよう」などがある。