豪雨災害、予報・警報の一元化を 床上浸水にも補助必要

片山虎之助・日本維新の会共同代表
  • 文字
  • 印刷
片山虎之助氏=須藤孝撮影
片山虎之助氏=須藤孝撮影

 日本はもともと災害が多い島国だが、最近は一筋縄ではいかない災害が多くなった。ところが対応、対処のほうは昔のままなので、かみあわないところが多く、それが被害を大きくしている。基本的なところから考え直さないといけない。

強制力のある避難勧告も検討

 瀬戸内地域は雨が少ないのでこれまで比較的水害も少なかった。ところが今回異常な西日本豪雨が起こった。慣れていないことが被害を大きくした。

 とりわけ、避難誘導の問題が大きい。避難勧告や指示を受けても多くの人が従わず、それで被害が拡大した。…

この記事は有料記事です。

残り1030文字(全文1270文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

片山虎之助

日本維新の会共同代表

1935年生まれ。58年自治庁入庁。89年参院初当選。郵政相、自治相、総務相、自民党参院幹事長などを歴任。参院比例、当選5回。