いま ここから

変わる沖縄 政治は変われるか

上野央絵・元毎日新聞編集委員
  • 文字
  • 印刷
=藤井達也撮影
=藤井達也撮影

 現職知事が急逝し、新人同士の事実上の一騎打ちの選挙で、政党の推薦を受けない野党国会議員出身の候補が、与党の自民、公明など4党の推薦を受け政権が全面的に支援した候補を約39万票対約31万票という大差で破る——。先の沖縄知事選の結果は衝撃的だった。

 私は沖縄取材を始めて13年になるが、選挙結果を完全に読み違えていた。現地に入り、両陣営など関係者に取材する中で感じたのは「沖縄の変わりように永田町の政治はついていけていない」ということだった。

 沖縄県の米軍普天間飛行場の全面返還で日米両政府が合意してから22年あまりたち、政権が『日米の合意事…

この記事は有料記事です。

残り2026文字(全文2297文字)

上野央絵

元毎日新聞編集委員

1967年東京生まれ。91年入社。政治部、西部報道部を経て水戸支局次長、政治部副部長、佐賀支局長、オピニオングループ編集委員などを務めた。