自由貿易の価値観 踏みにじる米国

牧原秀樹・元副厚生労働相
  • 文字
  • 印刷
牧原秀樹氏=丸山博撮影
牧原秀樹氏=丸山博撮影

 米国と中国は本格的に世界の覇権争いに入った。中国はもはやチャレンジャーではなく、米国と並び立とうとしている。米国は、中国に覇権を奪われるような一切の利益を与えたくない。米中貿易戦争はそうした現実論と感情論に基づいている。

 今回の結果は、どちらの国が今後、世界のリーダーになるかということに大きく影響するだろう。

この記事は有料記事です。

残り1270文字(全文1427文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

牧原秀樹

元副厚生労働相

1971年生まれ。弁護士を経て、2003年経済産業省入省。05年衆院初当選。環境政務官、自民党青年局長などを歴任。衆院比例北関東。当選4回。自民党。