日本人と同じように働く 来てもらえる日本に

木村義雄・元副厚生労働相
  • 文字
  • 印刷
木村義雄氏=玉城達郎撮影
木村義雄氏=玉城達郎撮影

 これまでの技能実習制度や語学留学生の資格外活動というのは、実際には労働力なのにそれを認めてこなかった。「カラスは白い」と言い続けてきたようなもので、制度疲労があまりにも甚だしく、限界にきている。

 今秋の臨時国会に政府が提出する予定の入国管理法改正案は、「特定技能」という形で正面から労働力という形で受け入れる内容だ。

この記事は有料記事です。

残り1218文字(全文1378文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

木村義雄

元副厚生労働相

1948年生まれ。86年衆院初当選。2013年参院初当選。自民党外国人労働者等特別委員会委員長。参院比例。衆院当選7回、参院当選1回。自民党石原派。