野田毅「背私向公」

日中 良い時も悪い時も 争いをすべてにしない

野田毅・自民党税制調査会最高顧問
  • 文字
  • 印刷
野田毅氏=渡部直樹撮影
野田毅氏=渡部直樹撮影

 中国の王岐山国家副主席と今夏に会談した際に冒頭、私が日中関係が良い時も、非常に厳しかった時も、一貫して携わってきたことに敬意を表していただいた。

 よい時は友人も増えるが、悪い時はいなくなる。そうであってはならない。隣国同士いろいろあるのは当然だ。しかし、いろいろあった時に、それが両国の関係のすべてになってしまわないように、知恵を出す。そういう信念を持ってやってきた。

 その時にあったことを顕微鏡的に拡大し、そこだけで一点集中型の争点にしてしまっては、それは政治になら…

この記事は有料記事です。

残り1773文字(全文2009文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

野田毅

自民党税制調査会最高顧問

1941年生まれ。64年に旧大蔵省入省。72年衆院初当選。建設相、経済企画庁長官、自治相、自民党税調会長などを歴任。衆院熊本2区、当選16回。税制に造詣の深い重鎮。日中友好に尽力し、日中協会会長も務める。自民党石原派。