移民政策を本気で議論しよう 多様性のない国は衰える

片山虎之助・日本維新の会共同代表
  • 文字
  • 印刷
片山虎之助氏=須藤孝撮影
片山虎之助氏=須藤孝撮影

 人手不足で日本の経済社会が動かなくなってきている。外食、介護、トラック・タクシー(の運転手)、小売りサービス業、土木建築、農業・水産業その他。あらゆる分野で絶対的に人手が不足して困っている。

「移民」認めない政府

 日本政府は単純労働者は入れない、移民は認めないと言い続けてきた。その代わりに技能を教えるという名目で、東南アジアなどから技能実習生を入れ、実際には安い労働力としてこき使ってきた。

 これを今後は拡大するというが、このやり方を続けるのはそろそろ限界だ。移民政策をどうするのか、きちん…

この記事は有料記事です。

残り874文字(全文1120文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

片山虎之助

日本維新の会共同代表

1935年生まれ。58年自治庁入庁。89年参院初当選。郵政相、自治相、総務相、自民党参院幹事長などを歴任。参院比例、当選5回。