馬淵澄夫の「政治は術(アート)なり」

消費増税凍結 衆参ダブル選ーー消えぬ疑念

馬淵澄夫・元国土交通相
  • 文字
  • 印刷
馬淵澄夫氏=根岸基弘撮影
馬淵澄夫氏=根岸基弘撮影

 臨時国会が召集された。第4次安倍改造内閣による国会論戦がいよいよ本格化する。

 19人の閣僚中、12人が新人大臣ということで予算委員会や担当委員会で試される答弁能力もさることながら、週刊誌を含めマスコミに一斉に調べられ報道されるスキャンダルにまみれることになるか、初の国会は緊張感に包まれることだろう。

この記事は有料記事です。

残り2316文字(全文2468文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

馬淵澄夫

元国土交通相

1960年生まれ。2003年衆院初当選。国土交通相、民進党選対委員長などを歴任した。政治団体「一丸の会」代表。衆院比例近畿、当選6回。無所属。耐震偽装事件の追及で知られ、福島第1原発事故では首相補佐官として対応にあたった。