何が見えますか

入管法改正 移民社会に踏み出す覚悟を

前田浩智・編集編成担当補佐
  • 文字
  • 印刷
家事代行サービスに従事するため来日したフィリピン人女性=成田空港で2017年3月9日、中村かさね撮影
家事代行サービスに従事するため来日したフィリピン人女性=成田空港で2017年3月9日、中村かさね撮影

 歴史的な変化の扉が開こうとしています。外国人労働者の受け入れ拡大を目指す出入国管理及び難民認定法(入管法)改正案のことです。政府は新制度について「移民政策とは異なる」(菅義偉官房長官)としていますが、改正内容を聞く限り、政策の大転換でしょう。本格的な移民社会に踏み出す覚悟が必要な時代を迎えたと思います。

 「全国各地の現場では人手不足が深刻化しており、一定の専門性、技能を有し、即戦力となる外国人材を幅広…

この記事は有料記事です。

残り2120文字(全文2324文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

前田浩智

編集編成担当補佐

1960年北海道生まれ。森、小泉官邸を担当。医療、年金、介護、人口減少問題も取材テーマにする。政治部長などを経て17年4月から現職。TBS「あさチャン!」にニュースコメンテーターとして出演した。