細野豪志の「ダイバーシティジャパン」

児童虐待 就学前に落とし穴

細野豪志・元環境相
  • 文字
  • 印刷
細野豪志氏=太田康男撮影
細野豪志氏=太田康男撮影

 児童虐待については個人的な思いもあって取り組んできた。

 5年前に次女が超低体重児で生まれ、9日間で亡くなってしまった。その時に「生まれてくる」ということが本当に大変なことだということを改めて思った。

 集中治療室(ICU)で育つ子どもをたくさん見てきたし、生まれたけれども環境に恵まれない子どももいる。児童虐待の問題もしっかりやりたいと思うようになった。

 選挙に勝つためには、社会的に力を持った人の支援を受けなければならないし、国民に関心の高いテーマに集…

この記事は有料記事です。

残り1399文字(全文1628文字)

細野豪志

元環境相

1971年生まれ。2000年衆院初当選。首相補佐官、原発事故担当相、民主党幹事長などを歴任。衆院静岡5区、当選7回。民主党政権では原発事故対応に奔走した。00年に旧静岡7区で初当選した際は地縁がない、いわゆる落下傘候補だった。「パラシューター」という著書がある。