PKOと国連加盟時の「大義」照合を 森本さん寄稿に

櫻田淳・東洋学園大教授
  • 文字
  • 印刷
櫻田淳さん
櫻田淳さん

 森本敏元防衛相の「政治プレミア」原稿に即して呼び掛けた議論に際して、読者各位から十数件のコメントが寄せられた。森本氏の原稿は、日本のPKO関与を取り巻く環境の変化を指摘する中身のものであった故に、議論の仕方が難しかったと思われるけれども、それでも筆者が予想した以上のコメントが集まった。読者各位には謝意を表する。

 このたびの議論の焦点は、煎じ詰めれば、「『自分の立場が第一』という本音が勝る世に、『情けはひとのた…

この記事は有料記事です。

残り830文字(全文1038文字)

櫻田淳

東洋学園大教授

1965年生まれ。専門は国際政治学、安全保障。衆院議員政策担当秘書の経験もある。著書に「国家の役割とは何か」「『常識』としての保守主義」など。フェイスブックでも時事問題についての寸評を発信。