レギュラー 玉木雄一郎「新しい政治」 フォロー

北方領土「2島先行」引き渡し 国後・択捉は段階的返還

玉木雄一郎・国民民主党代表
玉木雄一郎氏=根岸基弘撮影
玉木雄一郎氏=根岸基弘撮影

 5月の党首討論でも10月の臨時国会での代表質問でも一貫して北方領土問題を取り上げてきた。

 領土問題と日米安保条約の関係など本質的な提起をした。歯舞(はぼまい)群島、色丹(しこたん)島の2島の引き渡しを先行すべきだという、かなり踏み込んだ提案もしてきた。

日露合意には一定の評価

 今回の日露首脳会談で、安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領が1956年の日ソ共同宣言を基礎として平和条約交渉を加速すると合意したことは、これまで私が主張してきたことにも沿ったものだ。首相も相当踏み込んだとの印象だ。

 10月の代表質問では、首相が日ソ共同宣言は両国の議会で承認された唯一の公的な文書だと認めた。日露首脳会談での合意につながるメッセージだったのかとも思っている。

この記事は有料記事です。

残り1740文字(全文2067文字)

国民民主党代表

1969年生まれ。93年大蔵省入省。2009年衆院初当選。民主党政調副会長、民進党幹事長代理、希望の党代表などを歴任。旧国民民主党の代表を務めた後、立憲民主党などとの合流新党へ参加しない議員で結成した新「国民民主党」の代表に引き続き就任した。早くから旧民主党若手のホープとして知られ、実家は兼業農家で農政通でもある。衆院香川2区、当選5回。