「異端児為公」山本幸三

アベノミクスは消費税率引き上げを乗り越えられるか? 5%賃上げが必要

山本幸三・元地方創生担当相
  • 文字
  • 印刷
山本幸三氏=宮本明登撮影
山本幸三氏=宮本明登撮影

 消費税率引き上げはアベノミクスにとって鬼門である。せっかく軌道に乗りかけたアベノミクスによるレジームチェンジが頓挫したのも2014年4月の消費税率引き上げ(5→8%)によるものだった。

安倍首相の決断

 来年(19年)10月の引き上げ(8→10%)も危ない。

 そこで私は、今年(18年)の5月に「アベノミクスを成功させる会」として「再延期すべきだ」との提言をまとめ発表しようとした。

 初代会長の安倍晋三首相に打診したところ、安倍首相からは「理論的には山本さんが正しいと思うが、政治的…

この記事は有料記事です。

残り3593文字(全文3834文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

山本幸三

元地方創生担当相

山本幸三(やまもと・こうぞう)元地方創生担当相  1948年生まれ。71年大蔵省入省。93年衆院初当選。副経済産業相、衆院法務委員長などを歴任した。衆院福岡10区、当選8回。大蔵省時代には宮沢喜一蔵相の秘書官を務めた。「アベノミクスの指南役」を自任する。