「至誠通天」長妻昭

外国人労働者5年後に実は倍増 技能実習生は3年で69人死亡

長妻昭・立憲民主党政調会長
  • 文字
  • 印刷
長妻昭氏=和田大典撮影
長妻昭氏=和田大典撮影

 今回の入管法改正は、戦後はじめて外国人を単純労働分野でも受け入れるものである。最大の問題点は、哲学が全くないことだ。

 人間として受け入れる体制が整っていない。労働力だけつまんで、入国枠を広げることだけを考えている。

 どう生活してもらうのか。労働者としてどう権利を守るのか。社会保障をどうするのか、住居をどうするのか、日本語教育をどうするのか。

 全く手つかずで、労働力だけほしい、それだけが先行している。世界中から日本の国が品格を欠いた国と見ら…

この記事は有料記事です。

残り2030文字(全文2254文字)

長妻昭

立憲民主党政調会長

1960年生まれ。日経ビジネス誌の記者などを経て、2000年衆院初当選。厚生労働相、衆院厚生労働委員長などを歴任。衆院東京7区、当選7回。「消えた年金」問題を追及したことで知られる社会保障問題のエキスパート。