逢坂誠二の「耕雲種月」

「国会ペーパーレス」まだ先 まずタブレット使用可に

逢坂誠二・立憲民主党政調会長
  • 文字
  • 印刷
逢坂誠二氏=長谷川直亮撮影
逢坂誠二氏=長谷川直亮撮影

 衆議院に法務委員長解任決議案が提出された。11月20日、急きょ、私がその提案理由の説明(国会用語ではこれを「趣旨弁明」と呼ぶ)を行うこととなった。

 当初、話したいことの概要、数項目を箇条書きにしたメモをもとに説明する予定だったが、多くの方から事前に原稿を見たいとの要望もあり、原稿を作成することにした。

この記事は有料記事です。

残り2713文字(全文2866文字)

逢坂誠二

立憲民主党政調会長

1959年生まれ。北海道ニセコ町長を経て、2005年衆院初当選。総務政務官、首相補佐官などを歴任。衆院北海道8区、当選4回。立憲民主党。ニセコ町長時代に全国初の自治基本条例となった「ニセコ町まちづくり基本条例」を制定。地方自治のエキスパートとして知られる。