政権交代可能な政治へ--私は必ず実現する

「北方四島」後退させた安倍政権 国後、択捉を諦めてはいけない

岡田克也・元副総理
  • 文字
  • 印刷
岡田克也氏=宮間俊樹撮影
岡田克也氏=宮間俊樹撮影

 歯舞(はぼまい)群島と色丹(しこたん)島を平和条約締結後に引き渡すとした1956年の日ソ共同宣言後、北方領土問題交渉は膠着(こうちゃく)状態に陥っていた。日本は四島一括返還を掲げ、ソ連は領土問題は存在しないと言っていた。

 しかし、ソ連が崩壊し、細川護熙首相とロシアのエリツィン大統領による93年の東京宣言は領土問題を「北方四島の帰属に関する問題」と位置づけた。領土問題が存在し、しかもそれが四島であることを認めさせたのは日本外交の大きな成果だ。

この記事は有料記事です。

残り1607文字(全文1830文字)

岡田克也

元副総理

 1953年生まれ。76年通産省入省。90年衆院初当選。民主党代表、外相、副総理、民進党代表を歴任。衆院三重3区、当選10回。「政権交代可能な政治の実現」が信念。外相時代は核密約の解明に取り組んだ。野田政権を副総理として支えた。