原発政策 廃炉を「売れる技術」に磨こう

川勝平太・静岡県知事
  • 文字
  • 印刷
川勝平太氏=長谷川隆撮影
川勝平太氏=長谷川隆撮影

再稼働の決定権は電力会社

 原子力発電所再稼働の責任の所在はどこにあるのか。安倍晋三首相は「原子力規制委員会が安全と認めれば、稼働すべし」と繰り返している。規制委員会は「規制基準に基づくチェックが仕事であり、稼働の可否は権限外である」と言う。安倍首相は規制委員会に再稼働の責任をかぶせ、規制委員会は稼働の可否には責任はないと明言している。

 再稼働の可否の責任の所在に関して、参照すべき事例が2つある。

この記事は有料記事です。

残り2197文字(全文2397文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

川勝平太

静岡県知事

1948年生まれ。早稲田大学政治経済学部教授、国際日本文化研究センター教授などを経て、2009年に静岡県知事、現在3期目。