自民党は数の上にあぐら お灸をすえられる?

平沢勝栄・元副内閣相
  • 文字
  • 印刷
平沢勝栄氏=宮本明登撮影
平沢勝栄氏=宮本明登撮影

 2019年の参院選は直前に統一地方選挙が行われる。参院選と統一選が同じ年に行われるのは12年に1度のこと。選挙で実動部隊となる地方議員や支援者にとっては選挙で力を使い果たしたところでまた選挙となるので厳しい。

 加えて参院選は政権選択選挙ではない。そこで、有権者にはちょっと政府にお灸(きゅう)をという人もいる。その意味で政府・与党にはアゲインストの風が吹きかねない。

この記事は有料記事です。

残り1033文字(全文1218文字)

平沢勝栄

元副内閣相

1945年生まれ。68年警察庁入庁。官房長官秘書官などを経て、96年初当選。衆院外務委員長、党政調会長代理、党広報本部長などを歴任。衆院東京17区。当選8回。自民党二階派。