北方領土とりあえず2島でいい とれるものは今とっておく

平沢勝栄・元副内閣相
  • 文字
  • 印刷
平沢勝栄氏=宮本明登撮影
平沢勝栄氏=宮本明登撮影

 「北方四島一括返還」というのは方針としては全く正しい。しかし問題は結果で、70年間、1島も返ってこなかった。このことも踏まえ、まずは2島を返還させることを優先すべきでないか。

満点を求めるな

 日本外交は常に世論を考え、どうしても100点満点を狙いがちだ。北朝鮮による拉致問題もそうで、日本としては当然のことだ。しかし100点を求めて結果は0点という状態が続いている。

北方四島はすでに70年以上、ロシアに実効支配されている。あと30年この状態が続けば、2島だって返っ…

この記事は有料記事です。

残り802文字(全文1036文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

平沢勝栄

元副内閣相

1945年生まれ。68年警察庁入庁。官房長官秘書官などを経て、96年初当選。衆院外務委員長、党政調会長代理、党広報本部長などを歴任。衆院東京17区。当選8回。自民党二階派。