女性の政治参加 19年選挙は「各党の努力」に注目を 太田さんの寄稿に

江川紹子・ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
江川紹子さん
江川紹子さん

 今回もたくさんのご意見をありがとうございました。

 太田房江参院議員は、女性議員を増やすために数値目標を作ることを提言する一方、女性の割合をあらかじめ定めるクオータ制については、消極的な意見でした。

 寄せられたご意見の中には、クオータ制に前向きなものが少なくありませんでした。

「クオータ制」賛同も多く

 たとえば、「a-shura」さんは「これまでの男性優遇を正すためにクオータ制は導入すべき」だと言います。

 「(政治家としての)適性を考えるべきという意見があるが、では、今の国会議員の中で適性のある男性はど…

この記事は有料記事です。

残り2636文字(全文2890文字)

江川紹子

ジャーナリスト

1958年生まれ。神奈川新聞記者を経てフリー。95年、オウム報道で菊池寛賞。著書に「オウム事件はなぜ起きたか」「名張毒ブドウ酒殺人事件」「『歴史認識』とは何か――対立の構図を超えて」(大沼保昭氏と共著)など。ツイッター@amneris84